鍼・灸

こんなお悩みはありませんか?

  • 顔がむくんだり、ニキビ、くまがとれない
  • 最近疲れがなかなかとれず、睡眠の質が良くない
  • なかなかダイエットがうまくいかない
  • 整体などの手技治療ではあまり症状が改善しない
  • 身体の自然治癒力を引き出す治療に対して興味がある
  • 妊娠中のため、身体は大事にしつつ、辛い症状をなんとかしたい

当院での鍼灸治療の特徴

今までなかなか改善してこなかった様々な症状に対して適切な方法で治療を行います

鍼灸治療は、様々な症状に応じた効果がWHOでも認められています。
当院では事故などによる怪我への治療、整体治療に加えて鍼灸師による鍼灸治療により、手技だけではなかなか改善していかない症状にも、その症状に合った手法で対処することが可能です。

当院の鍼は安全です

南町接骨院では使い捨ての鍼を用いて治療を行っていますので、感染症の心配は一切ありません。

鍼・灸は痛くも熱くもありません

鍼や灸といえば、イメージとして「痛いのではないか?」「熱いのではないか?」とご不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、南町接骨院ではそういったことはありません。

当院のはり治療は、髪の毛ほどの細いものを利用しているため、感じたとしても蚊が刺した程度のほぼ無痛です。お灸治療は、温かさを感じる程度の温灸がメインですので不快な熱さはありません。鍼、お灸どちらも心地よい施術で、徐々に全身がリラックスし、とても気持ちよくなります。

※鍼をする場所や体の状態によって、響きと言われる鍼特有の感覚があることがございます。痛みが気になる場合はすぐにお申し付けください。
また、状況によっては熱さの感じるお灸をすることもございますが、その時は事前にご説明いたします。

鍼灸治療にはなぜ効果があるのか?

鍼灸が痛みの治療に効果がある理由として以下のことが挙げられます。
  • ゲートコントロールセオリー…針の刺激が脊髄において痛みを抑制する。
  • エンドルフィン…針の刺激が脳内物質であるモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
  • 末梢神経の遮断効果…針の刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
  • 経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
  • 血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。
WHO(世界保健機関)が認めた鍼灸療法の有効性を認めた疾患は以下の通りになります。
【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

メニュー

鍼・灸

細いステンレス製の鍼や艾(もぐさ)を用いて経穴(ツボ)を刺激し、腰痛、頭痛、肩こり、五十肩、膝関節痛など様々な症状を改善します。
鎮痛作用、血行促進、自律神経・免疫機能の調整など多様な効果があります。
マッサージでは対処できない範囲の頑固なコリや痛みの除去にオススメです。

治療期間の目安

個人差はありますが治療直後から効果を実感して頂ける自信があります。 最初は2日から1週間程度の期間で、効果を感じて頂けますが、続ける事で更に効果を維持していただけます。

参考FAQ

ページTOPへ